~実践心理学・NLPで 仙台・宮城・東北を 明るく 楽しく 元気にしたい!~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一昨日の夜3時間と昨日の日中9時間半
計12時間半にわたって、エンジニアさんにNLPを学んでいただきました


内容は
【自分をポジティブ思考に変える】イマジネーション・スキルが中心でした


「6ステップのリフレーミング」というのは
変えたいけれど自分の意思では変えづらい行動・習慣・感情・その他のパターンを
無意識レベルで変化させるモデルですし


「Phobia Cure(恐怖症の治療)」というのは
過去の体験による望ましくない影響・障害と感じることに変化をおこすモデルですし


「タイムライン」では、いろいろなことが出来るのですが
現在の行動に望ましくない影響をおよぼしている過去の体験の印象・解釈を変える
という実習を行いました


その実習(ワーク)の中で
そのエンジニアさんの相手に対するリード(誘導)が素晴らしかったんです

教えていないのに
「イメージすることはできますか?」等という言い回しで
NLPのミルトン・モデルの挿入質問というのを
完璧に使ってリードしてました


※「ミルトン・モデルの挿入質問」とは、質問の形を取った命令文です

 例えば、警察官がよく使う
  「免許証を拝見させてもらって、よろしいですか?」などです

 上記の言い回しは、顕在意識ではお願いの形に聞こえますが
 潜在意識には(免許証、見せなければ)とYESの反応をさせます

 ようは、質問の形を取った命令なんです



エンジニアさんは
「イメージすることはできますか?」という言い方で
『イメージしなさい!』と命令していたんですね~~


この「ミルトン・モデルの挿入質問」は
医療関係の方々や学校の先生に是非使っていただきたい
コミュニケーション・スキルのひとつだ
と改めて感じた昨日、そして一昨日でした



そしてこのごろ
『NLP資格は要らないけれど、NLPスキルを身に付けたい!』
という方からのお問い合わせメールが寄せられ (うれしい悲鳴です
ご要望に合った個別セッションという形でやらせてもらっています 

もし、あなたも資格を取るほどではないけれど
NLPを仕事・家庭で使いたい!と思われるのでしたら 
 
メンタルパワーサポート・ジャパンのお問い合わせページ
http://www.mps-japan.net/component/option,com_contact/task,view/contact_id,1/Itemid,26/

にでもご連絡くださいませ。誠実に対応させていただきます

そして、今日もお読みいただき、ありがとうございました
『今日はそんなあなたにとっても良い日ですよ!』
感謝、感謝です
こんばん、以前のNLP受講生さんがひさびさにきたので
6ステップのリフレーミングをしてもらった


なぜに?


【先延ばし】という望ましくない行動パターンを壊すために



そして

1、問題は小さなうちに処理する
  (先延ばしすると、雪だるまのように大きくなるので)

2、誠実に、感謝し対応する
  (誠実に対応する人を嫌う人はいない)

3、信念、自信を持ってやる
  (自信がないことはやらない。自信がないから先延ばしするのだ)


という新たな行動パターンに入れ替わった
今日は宮城もシトシト、雨です

風邪ぎみの人にとってはいい天気ですね


*********************************


(昨日のつづき、メタファーです)

ある夜、麻衣は夢をみました
(といっても、それが夢だということは、朝目覚めるまでは判らなかったのですが)

夢の中で
あの世界的メンタル・コーチのアンソニー・ロビンス(通称:トニー)から
麻衣はコーチングを受けました

トニーのコーチングにより、麻衣は次のような学びを得られました


〔コーチング1〕休むことは悪ではない!
 1日2回の練習を1回に減らしたり、ときにはやらないことがあっても
 それは悪いことではない

 悪いことは、そのことで
 出来ない!やれない!ダメだ!という自己嫌悪という感情をいだくことだ

 1日2回が、1回になっても、休んでも、それは悪ではない
 自分をほめてあげることが大事だ!


〔コーチング2〕1日2回の練習から喜びを見つける!
 プロボクサーは、何故あんな過酷な練習や減量ができると思う?

 プロボクサーは、過酷な練習や減量での苦痛よりも
 その先にあるチャンピオンとしての栄光や成功という喜びを
 感じているから、どんな苦痛も不屈の精神で頑張れるのだ

 1日2回の練習から苦痛を感じるのではなく、喜びを感じることが大事!

 「1日2回の練習から、どんな喜びが得られる?」


〔コーチング3〕「何のため」という目的を持つ!
 トニー「1日2回の練習は何のためにするの?」
 麻衣 「オリンピックに出て、メダルを取るため」

 トニー「オリンピックに出て、メダルを取るのは何のため?」
 麻衣 「?????」

 何のために!という目的を明確にすることが大事!


麻衣は夢の中でしたが
たいへん重要な学びを得たのでした

そして次の日から
麻衣は、何のためにオリンピックにでる?
という自分の目的探しを始めました

そして、探し始めて数日後
「●●のために、オリンピックにでる」という目的が見つかりました

おかげで、それからの麻衣は
けっして心が折れることがありませんでした


  *
  *
  *


そして、その後の麻衣の活躍はご想像願います


*******************************

【メタファーからの学び】
1 全ての行動は肯定的意図によっておこる
  あなたは、あなた自身の敵ですか?味方ですか?
  味方だったら、ご自身にダメ出しはしないほうが・・・

2 人は苦痛から逃げ、喜びは得ようとする
  そのことを苦痛と捉えるか、喜びと捉えるかは、あなた次第です
  だったら、あなたはどう解釈しますか?

3 重要なのは、「何のために」という目的を持つ
  あなたには「何のために」がありますか?
  「何のために」が明確な人は・・・・・・・・


※なんか、あなたのためのメタファーというよりは
  自分自身のためのメタファーになってしまいました m(__)m

  だって、あなたはよくやってますから
ある状況や現象を、たとえ話、神話、伝説、比ゆ、寓話など別のストーリーにして
相手の潜在意識を活性化させ、理解させる手法にメタファーというものがあります

今日は(今日からは?)、ある方のためにそんなたとえ話です
もしかすると、自分にあてたメタファーかもしれません〔笑〕

*********************************

19歳の麻衣は今年から社会人としてOL生活をしています
そのかたわら、将来を嘱望されている陸上・長距離界のホープでもあります

周りからも将来を期待されていますし
自分でも(オリンピックに出場し、メダルを取る)と思っていました

そして、そのためにはハード練習が一番と思い
企業に迷惑のかからない早朝と退社後の
1日2回・6時間のトレーニングを自分に課しました

はじめの一ヶ月は
朝は4時半に起床し、20キロのランニングなど3時間あまりトレーニング
そして、退社後も17時半からは陸上競技場での走りこみや筋力トレーニングなどを
精力的にこなしていきます

そして、二ヶ月目

その日の朝もいつものように起きようとしましたが
なんかしっくりしない、やる気・元気が湧いてこない
そんな憂鬱感にさいなまれ、ベッドから出ることができませんでした

そして、夕方もいつものように陸上競技場に行かなければと思うのですが
足はその方角に向かうことを拒否しているようでした

(こんなことではオリンピックに出ることなど無理!絶対に無理!)
(私は出来ない練習だったのだ!私ってダメな人間だ!)という思いにさいなまれ
いつしか1日2回の練習も、1回に減り、ときにはやらないことも

そして、やる気・元気・自信に満ち溢れていた心も
出来ない!やれない!ダメだ!という自己嫌悪感であふれていました


ある夜、そんな麻衣は夢をみました

(うわー、こんな時間!すいませんが続きは明日以降に)
今朝は雨だったので
腰が痛かったのですが・・・


朝からいままでNLPの勉強を楽しく元気に出来ました


日中はいろいろなNLPを行ったのですが

受講生さんには
【目的地には馬が連れて行く】というのが
一番の学びだったようです

※騎手(顕在意識)がどんなに望んでも、馬(潜在意識)が
 ゴールを目指さなければ、その目標は絶対に実現しない


そして、夜は最後のNLP体験セミナーでしたが
『自分自身のメンタルが如何に日々不安定なのか実感できた。
 まずは、心について知るということの大切さを学べた。』と感想をいただきました


皆様、今日はありがとうございました
感謝、感謝です♪


そして、●●さん、首を大切に~~
メタファーは明日以降に書きます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。