~実践心理学・NLPで 仙台・宮城・東北を 明るく 楽しく 元気にしたい!~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日のNLP体験会は
とても素敵なレディばかりの中に
男は私ただ一人だったので
たいへん楽しくリードさせていただきました♪
(男性もウエルカムです!念のために)


昨日はコミュニケーション編でしたが
ちょっと高度なワークをしてしまいました

マスタープラクティショナーコースで行うような実習でした

即、医療関係者やカウンセラーにも使える実習でした

というのも、そのような方が参加されていたものですから
急遽そのような実習を行いました


実習をお知らせすると

◆リード役が
『あなたはどんな人ですか?』と聞き

(これはニューロロジカルレベルのアイデンティティの質問ですよね)

クライアント役の方が
『私は○○です』

(この○○がネガティブな表現だったら、リフレームする)

そして、リード役は
『○○以外に、あなたはどんな人ですか?』

クライアント役
『私は●●です』
(ネガだったらリフレームする)

これを数回繰り替えす


◆これは○ちゃんのパクリです!(○ちゃん、ありがとう~)

Aさんに《やりたい事》を話してもらう
Bさんは、「でも」「しかし」とディスペーシングする

その次はペーシングする

てな感じで楽しいひとときでした



そして
今日は私がよく使うミルトンモデルのネガティブコマンドについて

皆さんは
「これは是非お願いしたい!」というとき
どんな表現を使いますか?

私はそんなとき
「・・・・・・してもらってダメですか?」
っていう表現をよく使います


娘にだったら
「新聞取って!」じゃなくて
「新聞取ってもらってダメかな?」


あなたがもしビジネスマンだったら
「御社のお役に立たせてもらいたいのですが・・」じゃなく
「御社のお役に立ってはダメですか?」
と言ったら、相手の反応はいつもと必ず確実に違うのでは???


そんなビジネスマン向けNLP講座を開催予定で
現在、ねじり鉢巻で資料を作ってました~~

ロゴ2
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。