~実践心理学・NLPで 仙台・宮城・東北を 明るく 楽しく 元気にしたい!~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたには
変えたいけどなかなか変えられない
行動・習慣、そして感情ってありますか?

そんな望ましくないパターンを
無意識レベルで変えてくれるNLPモデルのひとつに
『6ステップのリフレーミング』がありますが
今日はそれに関連した話をします


昨年春まで私はこのモデルを
受講生さんに学んでもらうのに使っていた時間は2時間程度でしたが
受講生さんの反応がいまひとつでした

『いいとは思うんだけど、プロセスが複雑で・・・』
『難しいワークで覚えづらいです』
『使う場面が想像できませ~ん』 などなど

受講生さんの話をよく聞いてみると、受講生さんの中に
『肯定的な反応をする体の部分』と『否定的な反応をする体の部分』が
区別できない人が多くいることがわかりました






で、昨年夏からは
この『6ステップのリフレーミング』を行うときには、準備運動として
 ①こころの在り処を体感してもらう
 ②いろんな感情の際に、反応する体の部分を特定してもらう
 ③一致感と不一致感を体感してもらう

で、このモデルだけで4時間ほど費やしてました


先日も、女性の受講生さんに

まず
『あなたは女性です』
『あなたは椅子に腰掛けています』
『あなたは目を開けています』など、イエスの質問を

次に
『あなたは男性です』
『あなたは立っています』
『あなたは目を閉じています』など、ノーの質問を

そして、その女性の受講生さんいわく
『私の場合は
 イエスの質問の時は、胸が「そう!そう!」と反応し
 ノーの質問の時は、頭で「う~ん?」と反応した
』 
とのこと

そして、その受講生さんいわく
『これ、すごく使えますね!
 今から何かに迷ったりしたら
 こころの反応に目を向ければ即決即断できますね
だって

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。