~実践心理学・NLPで 仙台・宮城・東北を 明るく 楽しく 元気にしたい!~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2ヶ月前から歯医者に通ってました

昔に治療したところが
虫歯になり病むものですから

ところで
歯医者で治療される(以前治療された)とき、あなたは目を閉じますか?


私の場合は
お医者さんや助手の方と目をあわせるのが
はずかしいので治療のときは目を閉じます(ハッハ~)


でも
目を閉じると視覚がダウンするので
ギィ~~~ンという歯を削る音がやけに高く聞こえ
緊張したり、意識が内に向き過敏になり
ちょっとした痛みがものすごい痛みに感じたりします

(これは視覚から得られる情報を、聴覚・触覚が補おうとするためなのですが)

なので、恥ずかしがり屋でなければ
歯医者さんでは目を開けて治療を受けたほうが痛みは和らぎますよ


そして、恥ずかしがり屋の私は今日も目を閉じていたので
まぶたの中の目線を上に向けたり
手のひらでパーをつくったりして
痛みから逃れる工夫をしながら、今日も治療を受けてきました

おかげで
今日は1回しか顔しかめませんでした


【今日のレッスン】

・体&心の痛みを回避したければ、上を見、体を緩める
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。