~実践心理学・NLPで 仙台・宮城・東北を 明るく 楽しく 元気にしたい!~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の宮城はスゴク寒いです!
(わたしが描いた地図です)

他の人には寒くないかもしれませんが
インターネットで検索した天気予報では
我が家のある地域は午前6時現在、気温0℃だったようです

なので
ビルの暖房はまだ入っていなので
ファンヒーター出して温まりながら今日は一日パソコンいじってようと思います



先月末から読んでいる
F.S.パールズ著の「ゲシュタルト療法」

(パールズ死後に発刊された本であり、何でも
 後ろの方はNLP創始者のリチャード・バンドラーがまとめたらしい)


なかなか進まず
未だ5分の1も進んでいないのですが
そんな私に言っているような一文がありました


****************************

我々が食べる現実の食物を消化するのと同じように
同化されねばならないということである

噛み砕かれ、分析され、バラバラにされたのち
再び我々のなかで最も吸収しやすい形に集められなければならない

もし仮に丸ごと鵜呑みにしたものであれば
我々のパーソナリティ形成に全く寄与しない

****************************

これは、我々が外界から取り入れるものを
心理的な食物と比喩してのことでありますが

なので、1日に1~2ページしか進まないということは
よく噛み砕いて、この本を食べているからなのだろう~
と自分に納得していました


もし、あなたがNLPの本を読んでましたら
しっかり噛んで食べてくださいませ

そして、よく噛んでも消化できない場合は
お近くのNLPセミナーを体感してみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。