~実践心理学・NLPで 仙台・宮城・東北を 明るく 楽しく 元気にしたい!~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日
リベリアス・チャイルド(反抗の子)のことを書いたら
ある方から電話をもらいました

反抗の子
つまり怒りを出したらダメなんじゃないか。と

私はこう思っています

「人は感情の動物であり
 喜怒哀楽という感情は誰でも感じるものだと思います

 いつも、喜びや楽しいという感情だけ感じられれば
 しあわせです

 けれど、怒り、悲しみという感情が湧き出る時もあることでしょう

 そんな時は無理に押さえ込もうとせずに
 怒り、悲しみを感じることも大切なことなのではないかと思います

 その方が立ち直るのが早かったりして


 感情に素直になること
 大切にしようと私は思っています」




感情に素直になる

そこから道は見つかる

ような気がします
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。