~実践心理学・NLPで 仙台・宮城・東北を 明るく 楽しく 元気にしたい!~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大正7年3月に松下電器の前身である
松下電気器具製作所が創業しました

そして、松下幸之助氏をはじめ従業員は熱心に努力をし
売上げも伸び、従業員も増え、世間にも認められ、成果を得ます

そして、昭和3~4年、アメリカから始まった恐慌により
日本も大不況に入っていきます

そんな折、松下幸之助氏は
「これでいいのか?」と経営・人生に悩みます
すごく悩んで悩んで悩み抜いたそうです

そして、悩んだ挙句に
一つの方針(使命)を1200名ほどの全社員を前に発表するのです
それが、昭和7年5月5日だったのです

そして
新たに使命に基づく松下電器の経営がリスタートしたその日
5月5日が松下電器の創業記念日なのだそうです


そして
昭和7年5月5日に社員様を前に
松下幸之助氏が発表したものがこれです

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「産業人の使命」(一部抜粋)

産業人の使命というものは貧乏の克服である
社会全体を貧より救ってこれを富ましめるにある

商売や生産は、その商店や製作所を繁栄せしめるにあらずして
その働き、活動によって社会を富ましめるところにその目的がある

社会が富み栄えていく原動力として
その商品、その製作所の働き、活動を必要とするのである

その意味においてのみ
その商店なりその製作所が盛大となり繁栄していくことが許されるのである

(中略)

我々の理想は高く、使命は遠大である
したがって、自分の諸君に要望することも
ある場合にはきわめて峻烈であるかもしれない

しかし自分は、次代をよくするために
われわれが犠牲となることは最上の最たるものとは考えていない

最上の最たるものは
われわれが十分人生の幸福を味わい、人生を全うし
なおかつ次代をよくすることであることをもって
自分の理想としているのであるから
また諸君の労が適当に酬(むく)いられること当然であるとかんがえている

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして
翌・昭和8年に松下幸之助氏は
松下電器の経営理念を内外に公表し
理念経営をスタートさせます



スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
ありがとです。
あ…。
なんだかセンチメンタルジャーニー(懐)な気分になりました~。

とっても、ありがとうございます ですぅ~♪
2008/06/26(木) 13:08 | URL | りぃ子 #-[ 編集]
りぃ子さま
りぃ子さま、はじめまして♪
コメントありがとうございました~

センチメンタルジャーニーな気分とは
もしかしてNLPのタイムラインで時間旅行でもされたのでしょうか

今後ともよろしくお願いします
2008/06/26(木) 13:59 | URL | しん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。